数学とか語学とか楽しいよね

フランス語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語、オランダ語、英語、スペイン語、ラテン語とか数学とか数値計算(有限要素法、有限体積法、差分法、格子ボルツマン法、数理最適化、C++コード付き)とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。noteにも書いています。https://note.mu/kumag_min

【数か国語対照】オスカー・ワイルドのエピグラム

オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)の出自に関するエピグラフの原語フランス語版、そして英語とドイツ語版を紹介します。最近ワイルドのサロメを読んでいて、作者に対しても興味が出てきて色々調べています。


フランス語(原語)
Français de sympathie, je suis Irlandais de race, et les Anglais m'ont condamné à parler le langage de Shakespeare.


ドイツ語
Im Herzen Franzose, der Geburt nach aber Ire und von den Engländern dazu verurteilt, die Sprache Shakespeares zu sprechen.


英語
French by sympathy, I am Irish by birth, and the English have condemned me to speak the language of Shakespeare.


引用

Salome (Drama) – Wikipedia