数学とか語学とか楽しいよね

ドイツ語、ロシア語、オランダ語、英語、フランス語、ラテン語とか数学とか数値計算(有限要素法、有限体積法、差分法、C++コード付き)とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。

【クラシック】超有望ヴァイオリニスト、Chloe Chua

今回紹介するのはシンガポールの超有望ヴァイオリニスト、Chloe Chuaです。なんと12歳です。2018年のユーディ・メニューイン国際コンクールで優勝しました。とにかく動画を見て下さい。おったまげます。


ユーディ・メニューイン国際コンクールでのガラコンサート(記念演奏会)、曲目は「ヴィヴァルディの四季」より冬全楽章


ヴィエニャフスキの創作主題による華麗なる変奏曲」(Wieniawski, Variations on an Original Theme, Op. 15)


ユーディ・メニューイン国際コンクール、セミファイナル、曲目は30秒から「ベートーベンのヴァイオリンソナタ8番」より第1楽章(Beethoven, Violin Sonata No. 8 in G major, Op. 30, No. 3, 1st movement )、5分30秒から「ピアソラのタンゴの歴史」よりカフェ 1930(Piazzolla, Histoire du Tango, Café 1930)、13分45秒から「フバイのカルメンによる華麗な幻想曲」(Hubay, Carmen Fantasie Brillante)


堂々としたソロ、無伴奏で顕著にあらわれている高度なフレーズの解釈力、盤石な音程、まったく違うスタイルの曲を表現する表現力、とても12歳とは思えません。Youtubeで適当に自動再生でクラシックを流していてたまたま流れたのがChloeの演奏でした。最初はこれはかなり有望なほぼプロと言ってよいレベルの20代前半の演奏家だと思ったのですが、動画を見て12歳でここまで到達できるものなのかと愕然としました。才能と努力の両方があれどこれは難しいのではないでしょうか。普通にクラシックとして鑑賞に堪えるレベルなのです。むしろ好んで聞きたくなるほどです。今まで幾多の「神童」がいましたが、彼らは年齢の割に上手であるとか、難曲を一応弾けるといったレベルでした。しかし、Chloeは違います。彼女はプロの演奏家と比べて遜色無いと私は思います。きっと彼女は次の時代の巨匠になります。楽しみです。

何かで読みましたが、クラシックの本場であるヨーロッパではクラシックの人気は下がりつつあり人も集まらなくなっているが、その代わりアジアなどの新興国から人が参入してきているそうです。これは日本で相撲をやる人が減りモンゴルから有望な力士がやってくる構図と同じだそうです。