数学とか語学とか楽しいよね

ドイツ語、オランダ語、英語、フランス語、ラテン語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。

【ドイツ語読本】"3. Einführung in die Makrobiotik"(長寿法への入門)

以下の記事は関口存男著「初等短文読本」の3番目の文章"Einführung in die Makrobiotik"の全文を掲載し、私自ら訳をつけたものです。以下のリンクのコマ番号で言うと5にあたります。検索できると便利と思い、全文を打ち込むことにしました。また、見つけた誤植と思われる個所は、その旨を併記したうえで訂正してあります。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110576

"3. Einführung in die Makrobiotik"

Am Hofe des Königs Ludwig XI. lebte ein Astrolog. Eines Tages sagte dieser Astrolog einer Hofdame, daß sie bald sterben werde.
Sie starb wirklich den Tag darauf. Dieser Tod schmerzte den König sehr und er wurde gegen den Astrologen sehr zornig. Er beschloß, ihn töten zu lassen. Er gab also einigen Bedienten den Befehl, den Astrologen auf ein Zeichnen, das er geben würde, zu packen und zum Fenster hinauszuwerfen. Man rief den Astrologen. „Nun," sagte ihm Ludwig, „du bist sehr weise und du kennst genau das Geschick(原文では"Geschik"となっている)aller Menschen! So wirst du auch das deinige kennnen? Kannst du mir sagen, wie lange du selbst noch leben wirst?" Der Astrolog, der das Vorhaben des Königs erraten hatte, gab keck zur Antwort: „Ich soll genau drei Tage vor Ihrer Majestät sterben." Man warf ihn nicht zum Fenster hinaus; vielmehr sorgte der König dafür, daß ihm nie etwas fehle.

語句

der Hof:宮廷 der Astrolog:占星術師 beschließen-beschloss-beschlossen:決定する packen:つめる、つかむ das Geschick:運命 = das Schicksal das Vorhaben:計画、企て erraten:言い当てる、察知する keck:元気のよい、小生意気な 

日本語訳

Ludwig六世の宮廷にある占星術師が生活していました。ある日、この占星術師は侍女のひとりに対して、もうすぐ彼女は死ぬだろうと言いました。
彼女はまさにその日に死にました。この死は王をとても悲しませ、王は占星術師に対して激怒しました。彼は占星術師を殺すことに決めました。それゆえ、彼は自らの家臣に、彼が与える画に占星術師をつめて、窓の外へ投げ捨てるように命令しました。占星術師が呼ばれました。Ludwigは彼に言いました、「さて、お前はとても賢く、すべての人間の運命を正確に知っている!だからお前は己の運命も知っているのだろう?お前自信がどれほど生き永らえるのか、私に教えてくれまいか?」王の企みを察知していた占星術師は元気よく、こう返答しました:「私は殿下の死ぬちょうど3日前に死ぬでしょう。」占星術師が窓から投げ捨てられることはありませんでした。むしろ、王は占星術師に不足がないように面倒を見ました。


引用元
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1110576

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%93%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF