数学とか語学とか楽しいよね

数学とか語学とか楽しいよね。ドイツ語とかフランス語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。

【単語帳】"obituary"

今回は"obituary"「死亡記事、死亡者略歴」という意味の英語の単語です。


"Beyond the technical writings concerning his research, he published only two other pieces: a brief obituary for Rudolf Clausius, one of the founders of the mathematical theory of thermodynamics, and a longer biographical memoir of his mentor at Yale, H. A. Newton."

(研究に関する技術的な著作以外に、彼(Gibbs)は他に二つのものしか書きませんでした。それは、熱力学の数学理論を創った一人であるRudolf Clausiusの短い死亡者略歴と、Yale大学での彼の恩師H. A. Newtonについてのかなり長い伝記的回想録です。)


という、Josiah Willard Gibbs(ギブス)に関する記事中に出てきました。Gibbsの為人は学問を追究したさっぱりとした人物だったようです。かっこいいです。

語源は、ラテン語の"obeō"(会う、向かっていく、死ぬ)から来ているようです。"obeō"は"ob"(ラテン語で「~に向かって」(towards))と"eō"(ラテン語で「行く」)から構成されています。


文章の出典
Josiah Willard Gibbs - Wikipedia

語源の出典
obituary - Wiktionary
obeo - Wiktionary