数学とか語学とか楽しいよね

ドイツ語、ロシア語、オランダ語、英語、フランス語、ラテン語とか数学とか数値計算(有限要素法、有限体積法、差分法、C++コード付き)とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。

【ドイツ語読本】"Frédéric Chopin"(ショパン)

"Frédéric Chopin"

Frédéric Chopin, gesprochen: Schopö, war ein Komponist und Piano-Spieler aus Polen. Noch heute sagt man, dass kaum ein Komponist für Klaviermusik so beliebt ist wie er. Er gilt als großer Komponist der Romantik, einer Kunstrichtung im 19. Jahrhundert.

Chopin wurde im Jahr 1810 geboren. Sein Vater war Franzose und seine Mutter Polin. Er wuchs in der Stadt Warschau auf. Dort studierte er am Konservatorium, einer Hochschule für Musik. Nach dem gescheiterten Aufstand der Polen gegen die russische Herrschaft zog er 1831 nach Paris.

Chopin hat fast nur Klavierstücke geschrieben. Einige seiner bekanntesten Werke heißen „Trauermarsch“, „Regentropfen“, und „Minutenwalzer“. Die „Nocturnes“ sind kurze Stücke, die man am Abend spielt.

Im Laufe seines Lebens litt Chopin an vielen Krankheiten. Unter anderem litt er vermutlich seit seiner Kindheit an einer schweren Lungentuberkulose, einer von Bakterien verursachten Infektionskrankheit der Lunge. Gestorben ist er im Jahr 1849, als sein Herz nicht mehr konnte.

語句

die Richtung:傾向、主義 scheitern:失敗する der Aufstand:反乱

日本語訳

Frédéric Chopinはポーランドの作曲家、ピアノ演奏者で"Schopö"と発音されます。今日でも、ピアノ音楽の作曲家で彼ほど愛されている人はいないと言われています。彼は19世紀のある傾向であるロマン派の偉大な作曲家とみなされています。

Chopinは1810年に生まれました。彼の父はフランス人で彼の母はポーランド人でした。彼はワルシャワ(Warschau)の街で育ちました。そこで彼は音楽の大学である音楽院で勉強しました。ロシアの支配に対するポーランド人による反乱の失敗の後、彼は1831年にパリへ行きました。

Chopinはほとんどピアノ曲しかかきませんでした。彼の最も有名ないくつかの作品には、「葬送行進曲」(Trauermarsch)、「雨だれ」(Regentropfen)、「小犬のワルツ」(Minutenwalzer)があります。「ノクターン」(Nocturnes)は短い作品で、夜に演奏されます。

彼の一生の間に、Chopinはたくさんの病気を患っていました。例えば、おそらく彼は子供のときから重い結核にかかっていました。結核とはバクテリアによって引き起こされる肺の感染症です。彼は心臓がもはや動かなくなった1849年に死にました。

引用元
Frédéric Chopin – Klexikon - Das Freie Kinderlexikon

参考