数学とか語学とか楽しいよね

ドイツ語、オランダ語、英語、フランス語、ラテン語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。

【読書リンク】『ガリレイの生涯』のドイツ語原著、英語版

Bertolt Brecht(ブレヒト)著、"Leben des Galilei"(ガリレイの生涯)のドイツ語原著、英語版のリンクです。残念ながらフランス語版のリンクは無いようです。その代わりに、フランス語版の本のAmazonリンクを貼っておきます。


ドイツ語版(Leben des Galilei)
http://ciml.250x.com/archive/literature/german/brecht_leben_des_galilei.pdf

英語原著(Life of Galileo
http://www.socialiststories.com/liberate/Life%20of%20Galileo%20-%20Bertolt%20Brecht.pdf

フランス語版(La vie de Galilée)


岩淵達治訳『ガリレイの生涯 (岩波文庫)』を読みました。最初はGalileiを賛美するための作品だと思っていましたが、そんな簡単なものではないようです。権力と科学の関係がGalileiを通して描写されます。結局Galileiは科学を権力の手に渡してしまった。これは現代でも起こりうる、いや日常茶飯に起こっていることです。科学者にこそこの本を読んでもらいたいと思いました。科学者にこそ文学が必要なのかもしれません。

ガリレイの生涯 (岩波文庫)

ガリレイの生涯 (岩波文庫)