数学とか語学とか楽しいよね

ドイツ語、ロシア語、オランダ語、英語、フランス語、ラテン語とか数学とか数値計算(C++コード付き)とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。最近はクラシックの名演も紹介しています。

【ドイツ語読本】"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"(オランダ語についての有益な情報ーその1)

"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"

Niederländisch ist nicht nur die Nationalsprache der Niederlande und des flämischen Teil Belgiens, sondern wird auch in Friesland, in angrenzenden Gebieten Deutschlands, in Luxemburg und im französischen Département Nord gesprochen. Zudem ist Niederländisch die offizielle Amtssprache der Republik Suriname und der niederländischen Antillen. Auch in Indonesien und Neuguinea wird es noch häufig als Zweitsprache gesprochen. Dort jedoch wird es inzwischen mehr und mehr vom Englischen verdrängt.

Insgesamt sprechen rund 25 Millionen Menschen Niederländisch als Muttersprache, davon leben circa 16 Millionen in den Niederlanden und 6,2 Millionen in Belgien.

Ein Dialekt des Niederländischen, das Afrikaans oder Kapholländisch, ist zudem in Südafrika die Sprache der Nachkommen niederländischer Kolonialisten, der Buren. Obwohl Afrikaans von Struktur und Wortschatz her eigentlich ein niederländischer Dialekt ist, gilt es dennoch als eigene Sprache.

Das Niederländische gehört zur Sprachfamilie der indoeuropäischen Sprachen, genauer gesagt zur germanischen Unterfamilie und hier wiederum gemeinsam mit Englisch, Deutsch, Friesisch, Afrikaans und Jiddisch zum westgermanischen Zweig. Zusammen mit dem Deutschen macht Niederländisch, wenn man ganz genau sein möchte, die kleinste Untergruppe der deutschen bzw. germanischen Sprachgattung aus.

語句

zudem:それに加えて die Amtssprache:公用語 verdrängen:押しのける、排除する eigentlich:実際には wiederum:また、さらに ausmachen:構成する、消す die Gattung:種類 

日本語訳

オランダ語はオランダとベルギーのフランドル地方の国語であるだけでなく、フリースランド、ドイツとの国境周辺の地方、ルクセンブルク、フランスのノール県で話されている。それに加えて、オランダ語スリナムとオランダのアンティル諸島における公用語である。また、インドネシアニューギニアにおいて、それはしばしば第二言語として話されている。しかしそこでは、オランダ語はますます英語に取って代わられている。

全体で2,500万人が母語としてオランダ語を話している。そのうち、約1,600万人はオランダで、620万人がベルギーで暮らしている。

それに加えて、オランダ語の一方言であるアフリカーンス語(またはKapholländisch)は、南アフリカにおいて、オランダ人の植民者、ブール人の末裔の言語である。構成と語彙に関して言えば、アフリカーンス語は、実際にはオランダ語の方言であるにもかかわらず、それは独自の言語として認められている。

オランダ語インド・ヨーロッパ語族に属する。正確に言えばゲルマン語派に属しており、また英語、ドイツ語、フリジア語、アフリカーンス語、そしてイディッシュ語と同じ西ゲルマン語群に属している。非常に正確に言えば、オランダ語はドイツ語と共に最小の、ドイツ語またはゲルマン語のグループを構成する。

引用元
https://www.sprachenlernen24.de/niederlaendisch-sprache/

参考
なし

その2