数学とか語学とか楽しいよね

数学とか語学とか楽しいよね。ドイツ語とかフランス語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。

【語学学習】『朝倉初級フランス語』

スマホアプリを活用しつつ、『朝倉初級フランス語』でフランス語を勉強しています。

朝倉初級フランス語 (1965年)

朝倉初級フランス語 (1965年)

この本はフランス語の文法をしっかり勉強しようという方におすすめです。以下にこの本の利点と欠点を挙げていくので、読もうと思っている方は参考にして下さい。

利点

・文章中心である(例文によって構成されている)

会話中心の本が多い今日この頃ですが、この本はきちんと将来フランス語の本を読むときのことを考えて、文章中心で構成されています。長さもほどよく暗唱にもおすすめです。

・語の意味が脚注に示されている

「語の意味が脚注に示されている」というのはかなり重要なことです。初級のうちは辞書を引くのに時間がかかるわりに得られる利益は少ないので、語の意味が書いてあるとすらすら先に進めます。ラテン語とか古典語を勉強しているとつくづくそう思います。

・見開き2ページで1課が終わる

やる気があまり無いときでも、2ページならやるかあと勉強できます。あと全部で100課なのも切りが良いです。

・発音記号が完備されている

今回の私の目的には関係ありませんが発音をしっかり勉強したい方におすすめです。音のつながりも全て記述されています。

欠点

・文法の説明が少々少ない

『朝倉初級フランス語』が終わったら、詳しい文法書『リュミエール』を読みましょう。私もそうする予定です。実は昔『リュミエール』読もうとしたのですが詳しすぎて挫折しました。初級のうちはあまり情報を詰め込みすぎない方がよいようです。『リュミエール』をパラパラめくってみたところ、気になる文法事項の説明がちょいちょいありました。『朝倉初級フランス語』を読み終えてからだと『リュミエール』に滑らかにつながりそうです。

増補改訂版 新・リュミエール―フランス文法参考書

増補改訂版 新・リュミエール―フランス文法参考書

・接続法の半過去と大過去が載っていない

接続法の半過去と大過去が載っていませんが単純過去は載っています。接続法の半過去と大過去は『リュミエール』等の詳しめな文法書を読む必要があります。ちなみに簡単なフランス語の入門書を見ると、大概単純過去は話言葉では使わないから省略すると書いてあります。しかし、『星の王子様』などのフランス語の本を読むと、単純過去は頻出することがわかるでしょう。単純過去も大事です。

・練習問題がない

練習問題をやらないと気が済まないという方は他の本が必要です。ただ私はあまり練習問題はやらずに、地道に文章を読んでいくほうが好きです。