数学とか語学とか楽しいよね

数学とか語学とか楽しいよね。勉強したことをまとめます。

【ドイツ語】Saint-Venant―サン・ブナン

ドイツ語力向上のためにWikipediaドイツ語版のSaint-Venant(サン・ブナン)のページ Adhémar Jean Claude Barré de Saint-Venant – Wikipedia を訳していきます。Saint-Venantは浅水流方程式(1次元開水路流れの式)を導出した人です。どうやらSaint-Venantの日本語のページは今現在無いようです。


Adhémar Jean Claude Barré de Saint-Venant (* 23. August 1797 in Villiers-en-Bière, Seine-et-Marne; † 6. Januar 1886 in St-Ouen, Loir-et-Cher) war ein französischer Ingenieur, Mathematiker und Physiker.

Adhémar Jean Claude Barré de Saint-Venant (1797年8月23日にSeine-et-Marne県のVilliers-en-Bièreにて生まれ、1886年1月6日に, Loir-et-Cher県のSt-Ouenにて死去)はフランスの技師、数学者、物理学者であった。


Barré de Saint-Venant studierte an der École polytechnique von 1813 bis 1816.

Barré de Saint-Venantは、1813年から1816年にかけて、École polytechniqueにて勉強した。


Danach arbeitete er bis 1845 als Ingenieur, zuerst beim Amt für Explosivstoffherstellung (Service de Poudre et Salpetre), dann als Bauingenieur für das Straßenbauamt.

その後、彼はまず初めはService de Poudre et Salpetre(爆発物を製造する役所)で技師として、次に道路を作る役所の建設技師として1845年まで働いた。


Um 1839 besuchte er zusätzlich Vorlesungen am Collège de France, unter anderem bei Joseph Liouville.

1839年に彼はCollège de Franceの追加講義、なかでもJoseph Liouvilleの講義に出席した。


Er lehrte als Nachfolger von Gaspard Gustave de Coriolis Mathematik an der École des Ponts et Chaussées in Paris.

彼はGaspard Gustave de Coriolisの後任としてパリのÉcole des Ponts et Chaussées(国立土木学校)にて数学を教えた。


Er arbeitete hauptsächlich auf dem Gebiet der Mechanik, Elastizität, Plastizitätstheorie, Hydrostatik und Hydrodynamik.

彼は主に力学、弾性学、塑性論、静水力学、流体力学の分野で働いた。


In Frankreich war er zu seiner Zeit eine der führenden Autoritäten in Mechanik.

当時のフランスにおいて、彼は力学における指導的な権威の一人であった。


1843 veröffentlichte Barré de Saint-Venant eine korrekte Herleitung der Navier-Stokes-Gleichungen, zwei Jahre bevor George Gabriel Stokes dies tat.

1843年にBarré de Saint-VenantはGeorge Gabriel Stokesより2年早くNavier-Stokes方程式の正確な導出を公表した。


Er erweiterte auch Naviers Theorie der Balkenbiegung (1864), behandelte die Torsion elastischer Zylinder und untersuchte nichtstationäre Strömungen in offenen Kanälen.

彼はNavierの梁曲げの理論(1864年)も拡張し、弾性円柱のねじりを取り扱い、開水路における非定常流を研究した。


Er gab auch eine französische Übersetzung der Elastizitätstheorie von Alfred Clebsch heraus.

彼はAlfred Clebschの『弾性論』のフランス語訳も出版した。


Er führte auch in Frankreich einen Kalkül mit Vektoren ein.

彼はベクトルを用いた計算もフランスに取り入れた。


Da er diesen 1845, ein Jahr nach Hermann Grassmann veröffentlichte, aber behauptete ihn schon seit den 1830er Jahren benutzt zu haben, kam es zu einem Prioritätsstreit.

彼はこの1845年に、すなわちHermann Grassmannの1年後にこれを出版した。しかし、1830年代からこれを使用していたとHermann Grassmannに対して主張し、優先権争いが生じた。


Nach ihm ist das Prinzip von St. Venant und das St.-Venant-Element benannt.
彼に因んでSt. Venantの原理(サン・ブナンの原理)とSt.-Venant体(サン・ブナン体)が名づけられた。


Zudem formulierte er die sogenannten Saint-Venant-Gleichungen, mit deren Hilfe man instationäre Wasserspiegellagen simulieren und berechnen kann.

それに加えて、彼はいわゆるSaint-Venant方程式(サン・ブナン方程式)を定式化した。これを用いることにより、非定常の場合の水位をシミュレーション、計算することが可能である。


1868 wurde er Mitglied der Académie des sciences in der Sektion Mechanik als Nachfolger von Jean-Victor Poncelet.

1868年に彼はJean-Victor Ponceletの後任としてAcadémie des sciences(科学アカデミー)の力学部門の会員になった。


短い記事でしたが私のドイツ語力では結構訳すのに時間がかかります。大変ですがやはり訳読すると一番力がつきます。あとあまり固体力学とか詳しくないので訳語選びにも一苦労です。

Saint-VenantがStokesよりも先にNavier-Stokes方程式を導出していたことには驚きました。Navier-Stokes方程式に彼の名前が冠せられていないのは残念なことです。
参考 Saint-Venant biography

この時代のフランスは天才がひしめき合っていて圧倒されます。この短い記事にもLiouville、NavierとCoriolisが登場します(Stokesはアイルランド、Grassmannはドイツ)。École polytechniqueにおける天才の再生産はうらやましい。是非現代日本にもそのような教育機関が欲しいです。戦前は旧制高校がその役割を果たしていたのですが。
Liouvilleは日本語のページはあるみたいだけど、短いですね。Strum-Liouville型微分方程式の話とかよく出てくるのに可愛そうですね。次はLiouville訳しましょうか。