数学とか語学とか楽しいよね

数学とか語学とか楽しいよね。ドイツ語とかフランス語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。右のカテゴリーから興味のある記事を探してください。

語源

【単語帳】"behest"

今回は英語の単語、"behest"、「命令、要望」です。 例文としては"I only made the change at the author's behest."(私は著者の要望があった場合のみ変更を加えました。)があります。 何かを読んでいて"behest"を見つけたのですが、とっかかりが無くその…

【単語帳】"dilapidate"

今回は英語の単語、"dilapidate"、「荒廃させる」です。 Good Will Hunting(グッド・ウィル・ハンティング)のドイツ語版Wikipediaを読んでいて見かけた文章、"Der 20-jährige Will Hunting bewohnt in einer heruntergekommenen Gegend in South Boston ei…

【ドイツ語】『匙はウサギの耳なりき―ドイツ語源学への招待』【6冊目】

石川光庸著『匙はウサギの耳なりき―ドイツ語源学への招待』を読み終わりました。総ページは171です。匙はウサギの耳なりき―ドイツ語源学への招待作者: 石川光庸出版社/メーカー: 白水社発売日: 1993/09メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 10回この商品を含…

【単語帳】"woe"

今回は"woe"「悲哀、苦悩」という意味の英語の単語です。 "she took Rapunzel and put her in a waste and desert place, where she lived in great woe and misery."(彼女(魔女)はRapunzel(ラプンツェル)を連れていき、荒れた不毛の地へ置いて行ってし…

【単語帳】"undulation"

今回は英語の単語、"undulation"、「うねり、波動」です。 "Maxwell proposed that light is an undulation in the same medium that is the cause of electric and magnetic phenomena."(Maxwell(マクスウェル)は光は電磁気現象を引き起こすのと同じ媒質…

【単語帳】"amanuensis"

今回は"amanuensis"「書記、秘書」という意味の英語の単語です。 "Its communication by Castelli to Galileo in 1641 led to Torricelli traveling to Florence, where he met Galileo, and acted as his amanuensis during the three remaining months of …

【単語帳】"triumvirate"

今回は"triumvirate"「3つ組、3 人組、三頭政治」という意味の英語の単語です。 "Galileo referred to Torricelli, Magiotti, and Nardi affectionately as his "triumvirate" in Rome."(Galileo(ガリレオ)はTorricelli(トリチェリ)、MagiottiとNardiを…

【単語帳】"obituary"

今回は"obituary"「死亡記事、死亡者略歴」という意味の英語の単語です。 "Beyond the technical writings concerning his research, he published only two other pieces: a brief obituary for Rudolf Clausius, one of the founders of the mathematical …

【単語帳】"sojourn"

今回は"sojourn"「滞在する、滞在」という意味の英語の単語です。 "Except for his customary summer vacations in the Adirondacks and later at the White Mountains, his sojourn in Europe in 1866–69 was almost the only time that Gibbs spent outsid…

【単語帳】"envisage"

これから文章を読んでいて気になった単語の意味や語源も調べて載せていきたいと思います。もちろん、英語に限りませんが英語が多くなると思います。昔はノートを作ったりしていたのですが、ブログに書いていくのが一番心理障壁が低そうなのでこうしてみます…