数学とか語学とか楽しいよね

数学とか語学とか楽しいよね。ドイツ語とかフランス語とか数値計算とか勉強したことをまとめます。

【ドイツ語読本】"Gyokuon-hōsō"(玉音放送)

"Gyokuon-hōsō"

In der Radioansprache Gyokuon-hōsō (jap. 玉音放送, dt. etwa: „Übertragung der kaiserlichen Stimme“) verlas Tennō Hirohito den „Kaiserlichen Erlass zur Beendigung des Großostasiatischen Kriegs“ (大東亜戦争終結詔書, Daitōa sensō shūketsu no shōsho). Es handelt sich um die erste öffentliche Übertragung der Stimme des Tennō. Mit seinem Erlass wies er die japanische Regierung an, die Potsdamer Erklärung zu akzeptieren, in der die bedingungslose Kapitulation Japans im Zweiten Weltkrieg gefordert wurde. Da der Kaiser die Kapitulation nicht ausdrücklich erwähnte, sondern nur davon sprach, die Potsdamer Erklärung zu akzeptieren, herrschte in der japanischen Bevölkerung Verwirrung, ob Japan denn nun tatsächlich kapituliert hätte. Die Rede wurde am 15. August 1945 zu Mittag japanischer Zeit ausgestrahlt, kurz nach der Schlacht um Okinawa, neun Tage nach dem Atombombenabwurf auf Hiroshima und sechs Tage nach demjenigen auf Nagasaki. Außerdem war eine Woche zuvor die Sowjetunion in den Krieg gegen Japan eingetreten. Der Kaiser erwähnte die Bombenabwürfe, jedoch nicht die sowjetischen Siege in der Mandschurei.

Die Rede war eine Aufzeichnung, die ein Tag zuvor im Kaiserpalast erfolgt war. Viele japanische Militärs empfanden es als unehrenhaft, den Krieg auf diese Weise zu beenden, und unternahmen in der Nacht vom 14. auf den 15. August einen Putschversuch. Unter der Vorgabe falscher Befehle ließ Hatanaka Kenji, einer der hauptverantwortlichen Verschwörer, am Abend jenes Tages den kaiserlichen Palast besetzen, um die Aufzeichnung zu vernichten; diese wurde jedoch nicht gefunden.

Die offizielle englische Übersetzung der Rede unterscheidet sich von der japanischen Originalfassung dahingehend, dass der letzte Satz weggelassen wurde. Dieser enthält in einem scharfen Befehlston die Anweisung, dem Edikt Folge zu leisten.

語句

die Übertragung:中継(放送) die Erlass:発布、公布、命令 anweisen:命令する erwähnen:言及する、触れる die Verwirrung:混乱、当惑 tatsächlich:実際に、本当に ausstrahlen:放射する、放送する die Schlacht:戦い die Aufzeichnung:記録、録音 erfolgen:起こる、生じる、行われる unternehmen:企てる der Putsch:クーデター、反乱 die Vorgabe:(あらかじめ設定された)基準 der Verschwörer:共謀者、謀反人 die Fassung:テキスト、版 dahingehend:このように enthalten:含む Anweisungen Folge leisten:従う

日本語訳

ラジオ放送である玉音放送において、天皇裕仁は「大東亜戦争終結詔書」を読み上げた。これは公的にははじめての天皇の肉声の放送である。彼はこの命令によって日本政府にポツダム宣言(Potsdamer Erklärung)を受諾するよう命じた。その中では、第二次世界大戦における日本の無条件降伏が求められていた。天皇は降伏について明示的に言及せずに、ポツダム宣言を受諾することについてのみ話したので、日本が本当に降伏したかどうかについて、日本国民の間に混乱が広がった。この演説は1945年8月15日に日本時間の正午に放送された。それは、沖縄での戦いのすぐ後、広島への原爆投下の9日後、長崎への6日後であった。そのうえ、その一週間前に、ソ連が日本に対して戦争に参戦した。天皇は原爆投下については言及したが、満州におけるソ連の勝利については言及しなかった。

その演説は録音であり、その前日に皇居にて行われた。多くの日本軍軍部はその戦争をこうしたやり方で終わらせることを不敬と感じ、8月14日の夜から15日にかけてクーデターを企てた。その録音を破壊するために、偽の命令のあらかじめ定められた基準のもと、14日から15日にかけての夜半に、首謀者の一人である畑中健二は皇居を占拠した。しかし録音は見つからなかった。

この演説の公式の英語訳は、日本語の原本とは、最後の文が無いという点で異なっている。日本語の原本は、鋭い命令するような調子で、この勅令に従うようにという命令が含まれている。

引用元
Gyokuon-hōsō – Wikipedia

参考
玉音放送 - Wikipedia

英語の"let"とドイツ語の"lassen"は微妙に違いがあるようです。

【読書リンク】『ハムレット』の英語原著、フランス語版、ドイツ語版

William Shakespeareシェイクスピア)著、"Hamlet"(ハムレット)の英語原著、フランス語版、ドイツ語版のリンクです。


英語原著(Hamlet)日本語対訳つき

フランス語版(Hamlet)
http://www.pitbook.com/textes/pdf/hamlet.pdf

ドイツ語版(Hamlet)

【読書リンク】『星の王子様』のフランス語原著、英語版、ドイツ語版、日本語版

Saint-Exupéry(サン=テグジュペリ)著、"Le Petit Prince"(星の王子様)のフランス語原著、英語版、ドイツ語版、日本語版のリンクです。


フランス語原著(Le Petit Prince
http://www.cmls.polytechnique.fr/perso/tringali/documents/st_exupery_le_petit_prince.pdf

英語版(The Little Prince)
http://www.yoanaj.co.il/uploadimages/The_Little_Prince.pdf

ドイツ語版(Der kleine Prinz)
http://www.pu.if.ua/depart/Inmov/resource/file/samostijna_robota/Antoine_de_Saint_Exupery_-_Der_kleine_Prinz.pdf

日本語版(星の王子様(あのときの王子くん))
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ Antoine de Saint-Exupery 大久保ゆう訳 あのときの王子くん LE PETIT PRINCE


こちらもどうぞ。

【読書リンク】『白雪姫』(グリム童話)のドイツ語原著、英語版、フランス語版、日本語版

Grimm兄弟の収集したGrimm童話の中から"Schneewittchen"(白雪姫)のドイツ語原著、英語版、フランス語版、日本語版のリンクです。

ドイツ語原著(Schneewittchen)

英語版(Snow-white)

フランス語版(Blanche-Neige)

日本語版(白雪姫)

【ドイツ語】『独文解釈の研究』【5冊目】

阿部賀隆著『独文解釈の研究』を読み終わりました。総ページは256です。

この本は二部から構成されています。100の文章を通じてドイツ語の解釈や文法を学ぶ第一部と、第一部で学んだ知識を用いて18の練習問題を実際に読む第二部です。ドイツ語を読むうえで、必須の中級文法や解釈法を学べます。

関係代名詞が鎖のようにどこまでもつながっているような文章を読み解く必要がある人におすすめです。短いのに全く構文を取れないような文が頻出します。取り上げられているのはかなり古風な、味のある文章で、内容そのものも楽しむことができます。GoetheとかMannとかを読むのに役立ちそうです。

第一部は各問題は見開きページで完結するようになっており、非常に見やすいです。左ページの上に文章、下に単語の意味があります。一方、右ページ上にその課で学ぶべき文法「要点」、真ん中に構文解説と文法解説が、下に和訳が載っています。

この本のひとつの特色は単語欄です。文章に出てくる単語は大体載っており辞書をひく手間を省けます。また、類義語や語源が同じ単語、形は似ているけれど意味が全く違う単語なども一緒に載っており、どんどん語彙を増やすことができます。

第二部は問題とその和訳がだけが載っています。詳しい解説はありませんが、今までの学習内容によって十分に読むことができます。

ドイツ語文法を一通り勉強しただけで読もうとすると少々しんどいです。何か適当な中級向けの本を読んでから取り組むのがよいと思います。

f:id:mutsumunemitsutan:20180217160838j:plain

独文解釈の研究

独文解釈の研究


『独文解釈の研究』は前に紹介しました「独学で大学教師よりドイツ語ができるようになる方法」の一冊です。これによると、あと二回読まないといけませんが、二回目は一回目よりも、三回目は二回目よりも楽に読めるはずなので、楽しみです。

【ドイツ語読本】"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"(オランダ語についての有益な情報ーその2)

"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"

Niederländisch und Deutsch sind eng verwandt und einander sehr ähnlich, sie sind quasi "Sprachschwestern". Das Niederländische entstand aus einem Zweig des Niederdeutschen als sogenanntes Altniederländisch, welches lange Zeit ein deutscher Dialekt war. Nach und nach jedoch entfernte sich das aus dem Altniederländischen entstandene Mittelniederländische vom Deutschen, und wurde abwechselnd - je nach wirtschaftlicher und politischer Herrschaft - beeinflusst durch den flämmischen, brabantischen und holländischen Dialekt. Im 16. Jahrhundert dann emanzipierte sich das entstandene Neuniederländisch durch die Entwicklung einer eigenen Schriftsprache endgültig vom Deutschen.

Dennoch sind die beiden Sprachen immer noch durch mehrere niederdeutsche und niederländische Dialekte miteinander verbunden, die einen kontinuierlichen Übergang zwischen den Sprachschwestern herstellen. Dies ist auch mit ein Grund, warum die Variationsbreite niederländischer Dialekte heutzutage relativ groß ist.

Aufgrund der großen Verwandtschaft ist auch der niederländische Grundwortschatz vollständig germanisch. Der in Belgien gesprochene flämische Dialekt jedoch enthält aufgrund der jahrhundertelangen Vorherrschaft Frankreichs viele Lehnwörter aus dem Französischen. Diese gehören jedoch nicht zum hochsprachlichen Standard und werden auch nicht immer und überall verstanden. Wie so viele andere Sprachen kann sich auch Niederländisch dem Einfluss moderner englischer Begriffe aufgrund der Internationalisierung dieser Sprache nicht entziehen.

Die Aussprache des Niederländischen ist der des Deutschen sehr ähnlich und sehr variationsreich; im Wesentlichen werden nur aus dem Deutschen bekannte Vokale und Konsonanten verwendet, obwohl vor allem bei den Vokalen einige eher nordisch klingende Varianten existieren.

Die niederländische Schriftsprache trägt Besonderheiten in der Aussprache nicht Rechnung, weshalb auch Niederländer und belgische Flamen eine gemeinsame und standardisierte Schriftsprache benutzen. Nichtsdestotrotz herrscht eine große Kongruenz zwischen Schrift und Aussprache, wenn man die jeweiligen Regeln beachtet.

語句

abwechselnd:交互の sich emanzipieren:解放される Übergang:移行、推移、渡ること herstellen:製造する enthalten:含んでいる die Hochsprache:標準語 entziehen:取り去る、遠ざける im Wesentlich:概して verwenden:使う einem Rechnung tragen:3格を考慮する weshalb:そのために nichtsdestoweniger:それにもかかわらず die Kongruenz:一致、合同 jeweilig:それぞれの beachten:注意を払う、守る

日本語訳

オランダ語とドイツ語は近い親戚であり、互いにとても似ている。それらはまるで「姉妹言語」のようだ。オランダ語は低地ドイツ語の分派、古オランダ語から生じた。古オランダ語はずっと昔ドイツ語の一方言であった。しかし、古オランダ語から生じた中オランダ語はだんだんとドイツ語から離れていき、経済的、政治的な支配に従って、フラマン、ブラバント、そしてオランダの方言によって互いに影響を受けた。16世紀に、独自の書き言葉の発展により、生じた新オランダ語は決定的にドイツ語から解放された。

それにもかかわらず、両言語はなお、いくつもの低ドイツとオランダの方言を通して互いに結ばれている。そのことは姉妹言語間の継続的なやり取りを作り出している。今日においてオランダ語方言の変種が比較的多いのは、これもまた理由のひとつである。

類似性が高いので、オランダ語の基礎語彙もまたまったくゲルマン語のものである。ベルギーで話されているフリジアの方言は、しかしながら、長年に渡るフランスの優位性のために、フランス語から多くの借用語を含んでいる。これは、しかしながら標準語の一つではなく、いつどこででも理解されるわけではない。他の多くの言語と同様に、英語の国際化のために、オランダ語もまた現代英語の概念の影響を遠ざけることはできない。

オランダ語の発音はドイツ語のそれととても似ており、変化に富む。とりわけ母音においては独自の、より北欧的な響きの変種が存在するけれども、概してドイツ人が知っている母音と子音だけが用いられる。

オランダ語の書き言葉は発音における特別性を考慮していない。そのため、オランダ語とベルギーのフラマン語は共通の、標準化された書き言葉を使っている。それにもかかわらず、もしそれぞれの規則に注意すれば、書き言葉と発音のかなりの一致が優勢となる。

引用元
https://www.sprachenlernen24.de/niederlaendisch-sprache/

参考
なし

その1

【ドイツ語読本】"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"(オランダ語についての有益な情報ーその1)

"Wissenswertes zur niederländischen Sprache"

Niederländisch ist nicht nur die Nationalsprache der Niederlande und des flämischen Teil Belgiens, sondern wird auch in Friesland, in angrenzenden Gebieten Deutschlands, in Luxemburg und im französischen Département Nord gesprochen. Zudem ist Niederländisch die offizielle Amtssprache der Republik Suriname und der niederländischen Antillen. Auch in Indonesien und Neuguinea wird es noch häufig als Zweitsprache gesprochen. Dort jedoch wird es inzwischen mehr und mehr vom Englischen verdrängt.

Insgesamt sprechen rund 25 Millionen Menschen Niederländisch als Muttersprache, davon leben circa 16 Millionen in den Niederlanden und 6,2 Millionen in Belgien.

Ein Dialekt des Niederländischen, das Afrikaans oder Kapholländisch, ist zudem in Südafrika die Sprache der Nachkommen niederländischer Kolonialisten, der Buren. Obwohl Afrikaans von Struktur und Wortschatz her eigentlich ein niederländischer Dialekt ist, gilt es dennoch als eigene Sprache.

Das Niederländische gehört zur Sprachfamilie der indoeuropäischen Sprachen, genauer gesagt zur germanischen Unterfamilie und hier wiederum gemeinsam mit Englisch, Deutsch, Friesisch, Afrikaans und Jiddisch zum westgermanischen Zweig. Zusammen mit dem Deutschen macht Niederländisch, wenn man ganz genau sein möchte, die kleinste Untergruppe der deutschen bzw. germanischen Sprachgattung aus.

語句

zudem:それに加えて die Amtssprache:公用語 verdrängen:押しのける、排除する eigentlich:実際には wiederum:また、さらに ausmachen:構成する、消す die Gattung:種類 

日本語訳

オランダ語はオランダとベルギーのフランドル地方の国語であるだけでなく、フリースランド、ドイツとの国境周辺の地方、ルクセンブルク、フランスのノール県で話されている。それに加えて、オランダ語スリナムとオランダのアンティル諸島における公用語である。また、インドネシアニューギニアにおいて、それはしばしば第二言語として話されている。しかしそこでは、オランダ語はますます英語に取って代わられている。

全体で2,500万人が母語としてオランダ語を話している。そのうち、約1,600万人はオランダで、620万人がベルギーで暮らしている。

それに加えて、オランダ語の一方言であるアフリカーンス語(またはKapholländisch)は、南アフリカにおいて、オランダ人の植民者、ブール人の末裔の言語である。構成と語彙に関して言えば、アフリカーンス語は、実際にはオランダ語の方言であるにもかかわらず、それは独自の言語として認められている。

オランダ語インド・ヨーロッパ語族に属する。正確に言えばゲルマン語派に属しており、また英語、ドイツ語、フリジア語、アフリカーンス語、そしてイディッシュ語と同じ西ゲルマン語群に属している。非常に正確に言えば、オランダ語はドイツ語と共に最小の、ドイツ語またはゲルマン語のグループを構成する。

引用元
https://www.sprachenlernen24.de/niederlaendisch-sprache/

参考
なし

その2